マッキアイオーリ展@東京都庭園美術館

d0104499_22463962.jpg

マッキアイオーリ
イタリアの印象派と呼ばれている
強い日差しと長閑な情景が穏やかな気持ちにさせてくれる


1番のお気に入りはクリスティアーノ・バンティの【内緒の話】
色彩は印象派と云うよりも、ラファエル前派的な透明感が感じられる
中央の娘のブロンドが眩い
顔を合わせるでもなく佇む3人には会話ではなく互いの存在に癒されているかのようだ。


そしてテレマコ・シニョリー二【セッティニャーノの菜園】
オリーブの木の下でキルトをする女性
他の絵にも見られたが、3、4m離れて見ると緻密なようだが近づくと案外粗い筆致
それもマッキアイオーリの特徴なのか不思議な感覚だ


入り口のポスターにもなっていたシルヴェストロ・レーガ【母親】
慈愛に溢れた眼差しを愛娘におくる母親
ドレスの裾の上に立ち夢中で何かを描く、母に庇護され警戒心の無いその姿が見る人を幸せにさせてくれる一枚。


ノスタルジックなイタリアの風景や
暮らしの風景は異国ではあるが懐かしさを覚える。


印象派でも無く、バルビゾン派でも無い
日差しの中に生命の美しさを捕らえカンバスに留める。
油で描く素描の様で、マッキアイオーリが賛否両論であったのも解る気がした。


全般的には印象派とバルビゾン派を併せ持つ感じで日本人が好きな絵
レジュメも絵葉書も無いのは残念でした。

ですが、庭美のスタッフの物腰の柔らかさに免じて許します(笑)




最後に
マッキアイオーリ展鑑賞を薦めてくださった
美連協の菅野様に感謝いたします。
ありがとうございました。
[PR]
by suisyou_an1421 | 2010-03-14 22:46 | 日々のこと
<< ビーズカフェのピアス はせがわと申すもの… >>