『椿、咲く』@茅ヶ崎市美術館

d0104499_7313854.jpg

d0104499_731387.jpg

d0104499_7313821.jpg

3月の末、震災のナーバスな状態から抜け出せず日々
ふと楽しみにしていた茅ヶ崎市美術館の『椿、咲く』の展覧会を思い出した。
尾形光琳の《紅椿図団扇》がポスターになっており、心ときめかせていた事を思い出した。


会場に入ると初めに光琳の団扇が目に留まる。
『雅』である。
花は右側と左側上部に配され下部の2/5は金塗り、光琳の粋で洒脱なデザイン振りは現代でも敵う者はそう居ない。

(伝)狩野山楽《椿梅図》
松花堂昭乗、尾形乾山と続き次には鈴木其一の《梅椿図》
酒井抱一の《藪椿鶯図扇子》
小さな美術館には豪勢なラインナップだ。


近代日本画も
やわらかで温かい福田平八郎の《八重椿》
前田青邨の《椿と鳥》

村上華岳は独特のタッチで八重の花びらが妖艶
若冲の菊花の手法のようだった。

嬉しかったのは私が好きな 堀 文子さんの絵が4枚出ていた事。
華やかな花籠が心を温かくしてくれる。


帰り道、《氷室椿園》に寄った。
震災で無ければ、この椿園とのコラボで椿尽くしが一層愉しめたのだが…
花は穏やかに咲き誇り、美しいく変わらぬ姿を見せ《人》の小ささを教えられた気がした。
[PR]
by suisyou_an1421 | 2011-04-25 07:31 | 未分類
<< artcircle 博物館に初もうで @東京都国立博物館 >>