カテゴリ:日々のこと( 44 )

薔薇

d0104499_20294633.jpg

d0104499_20294633.jpg

d0104499_20294678.jpg


雨に濡れる薔薇

綺麗だったので、パシャリ!
[PR]
by suisyou_an1421 | 2011-05-07 20:29 | 未分類

『椿、咲く』@茅ヶ崎市美術館

d0104499_7313854.jpg

d0104499_731387.jpg

d0104499_7313821.jpg

3月の末、震災のナーバスな状態から抜け出せず日々
ふと楽しみにしていた茅ヶ崎市美術館の『椿、咲く』の展覧会を思い出した。
尾形光琳の《紅椿図団扇》がポスターになっており、心ときめかせていた事を思い出した。


会場に入ると初めに光琳の団扇が目に留まる。
『雅』である。
花は右側と左側上部に配され下部の2/5は金塗り、光琳の粋で洒脱なデザイン振りは現代でも敵う者はそう居ない。

(伝)狩野山楽《椿梅図》
松花堂昭乗、尾形乾山と続き次には鈴木其一の《梅椿図》
酒井抱一の《藪椿鶯図扇子》
小さな美術館には豪勢なラインナップだ。


近代日本画も
やわらかで温かい福田平八郎の《八重椿》
前田青邨の《椿と鳥》

村上華岳は独特のタッチで八重の花びらが妖艶
若冲の菊花の手法のようだった。

嬉しかったのは私が好きな 堀 文子さんの絵が4枚出ていた事。
華やかな花籠が心を温かくしてくれる。


帰り道、《氷室椿園》に寄った。
震災で無ければ、この椿園とのコラボで椿尽くしが一層愉しめたのだが…
花は穏やかに咲き誇り、美しいく変わらぬ姿を見せ《人》の小ささを教えられた気がした。
[PR]
by suisyou_an1421 | 2011-04-25 07:31 | 未分類

2010美術館ベスト10

d0104499_575765.jpg

2010年見た美術館ベスト10

何だかblogは殆ど書きませんでしたが
月に3、4回のペースでした。
ランキングは下記の通り



1、日本のヴィーナス【出光美術館】
文句なしに素晴らしい展示でした。
特に近代日本画の京都画壇作品にはうっとり…


2、目の果報、知の私服「江戸の文華」【アートガーデンかわさき】
ここ数年、気になり続けた戯作の大量展示に感涙!
江戸の民が楽しんだ、草双紙、黄表紙が手に取れそうな生々しい感じで展示。
後に開催されたサントリーの「蔦屋」が霞んでしまった。無料配布された図録は非常に勉強になる内容であった


3、幕末・明治の超絶技巧【泉屋博古館】
明治の工芸品は元々大好きですが、これだけ数の展示は少々酔う。
泉屋がかつて無い程の混雑ぶりだった。


4、長谷川リン二郎【平塚市美術館】
全体を回想した折に思い出された1番目の展示会は、長谷川リン二郎であった。
心に沁みる絵


5、天狗推参!【神奈川県立歴史博物館】
時間が無くてサラっと見たが、作品郡は重文から見世物小屋的なモノまでものすごく愉しませてくれた。


6、上村松園展
日本画を初めて好きになった絵「蜃気楼」に再び出会えた。
王道の美人画



7、観じる民藝【そごう美術館】
尾久ワールド。山下裕二先生とのトークショーが更に愉しませてくれた。
改めて民藝の良さに触れる展示でした。


8、伊藤若冲アナーザーワールド【千葉市立美術館】
初めて若冲の象を見る。千葉美ならではの展示力


9、レンピッカ展【Bunkamura】
堪らなく好き。強烈に「女性」を感じさせる
上村松園同様、高校生の頃に夢中になった画家の一人だった。


10、奈良の古寺と仏像【三井記念美術館】
仏像の展示では1位
大好きな奈良の仏像が集結!!



一応ランキング付けして折りますが、5位以下はほぼ同列。


鍋島、速水御舟、東大寺、マッキアイオーリ…
気になった展示は他数々…
随分と油絵を見る数が減ってしまった中、長谷川氏のひっそりとした油絵が2010年の展示の中で煌めいていた。




2011年は大好きな酒井抱一生誕250年
楽しみです。
[PR]
by suisyou_an1421 | 2011-01-01 05:07 | 日々のこと

Christmas交換会

d0104499_18471659.jpg

d0104499_18471656.jpg

d0104499_18471689.jpg

今年最後の交換会
テーマはChristmasオーナメント
私はモヘアとItalianのループヤーンを使って7〜8cmの靴下を編みました。

そして、私がアミダくじで当てたのは、小学2年生のクチュリエ師匠の作品♪

カードには【雪がふってるところお、あらわしました】とのメッセージ
めちゃくちゃ胸キュン♪


幼稚園の頃からスェーデン刺繍をしてる姿を見ていますが、今回はミシンも♪
ああ〜オネイサン感動(>Σ<)


編物レッスン中も師匠は何故か私にピトッっと
くっついてたんで、そのままギュギュウッと抱きしめたい程に作品にも彼女にも感動しました。


【雪が降っているところ】


クリスマスのイメージを刺繍するとは…
単に靴下を編んだ私よりずっとロマンチックな気がする。
尊敬します!ひ〜師匠!!


写真のオヤツはドイツのバームクーヘン
バームクーヘンはドイツ菓子と思っていたら、ドイツではほとんど売って無いらしいです(笑)

固めで少し香辛料の香りがして、とても美味しい♪

少し早いChristmasPresentでした
[PR]
by suisyou_an1421 | 2010-12-19 18:47 | 日々のこと

クリスマスの仕度

d0104499_12452886.jpg

クリスマスオーナメントを造りました。


手芸屋さんの交換会に提出です
誰が貰ってくれるかな?
[PR]
by suisyou_an1421 | 2010-12-02 12:45 | 日々のこと

夏到来

d0104499_1538593.jpg

こちらのblogは写真日記に戻しま〜す
[PR]
by suisyou_an1421 | 2010-07-19 15:38 | 日々のこと

ウルグアイの糸

d0104499_1026939.jpg

d0104499_1026936.jpg

対ウルグアイ戦
ワールドカップでも素晴らしいですが私とのウルグアイ戦は
《malabrigo》の手染め糸
発色が美しい。
ピンクが《ダマスクローズ》と云う色で
まるでオールドローズのように柔らかで匂やか
もうひとつは、《マチュピチュ》
段染め糸。シルクが交ざっているので日の当たり具合で輝きが増します。

どちらも日本には余り無い色合いなので糸を見ているだけで至福


何を編むかは決まっています。
ウールの糸を触るのはまだ暑いけど、
パイナップルバックが終わったら始めようV(^-^)V
[PR]
by suisyou_an1421 | 2010-07-04 10:26 | 日々のこと

初めてのパイナップル編み

d0104499_22531654.jpg

d0104499_22531685.jpg

憧れのパイナップル編みにTryしてます


ホビーラ・ホビーレの編み図が見易くて
案外進んでます♪
バックが仕上がる予定です♪
[PR]
by suisyou_an1421 | 2010-06-30 22:53 | 日々のこと

《観じる民芸》@そごう美術館

d0104499_7495467.jpg

長年日本民芸館学芸員をしていらしたの尾久彰三さんのコレクション展示

加えて山下裕二教授とのトークショーに行って来ました。

展示の感想は次回として…
トークショーの感想。2時間強、笑いっぱなし〜
展示物を設えた畳の《尾久さんの部屋》に胡坐でのスタート

展示されていた唐津の甓をシャンパンクーラーにし、ガラスコップも展示物。そしてツマミは唐津の平茶碗にオリーヴ
どうやら唐津平茶碗は学芸員さんに"何か入れるものを…"と云ったらコレクションの中から選んだらしいが、"お皿じゃないんだけどね"と苦笑

しかしながら、その器を手回しでトークショーに参加していた人に見せ、
"良く観たかったらオリーヴ食べて…"との事
私もオリーヴ頂きながら、拝見しましたが学芸員さんがあの唐津を選んでのが解る気がしました。オリーヴと土の色合いが絶妙でした♪
そして、茶碗の価格に話題が移り《40万》との事。
しかしこの平茶碗、見込みが浅く茶をたてるのは難しい。



次に山下教授が展示の中で気になったもの平安時代の『神像』
これ又フットワークの軽い学芸員さんが展示物を持って来てくれる。

何とも穏やかなる『神像』である
木が枯れているのが堪らなく良い。
トーク中お二方で愛しそうにナデナデし、「シンゾウさん♪」と呼ぶ
めちゃくちゃ羨ましく思って居たらば、こちらも"御手回し"
「みんなで撫でて、手油でテカテカにしたら良いんだ」
との由。

このトークショーは6月5日でしたが、いまだに《神像》さんの感触が手に残ります。
木目が痩せて(枯れて)手に年輪の筋が刻まれる様な感じで…

おおよそ人間と云うものはくだらなく、生命を終えれば
只、汚く朽ち果てるしかない。
しかし《神像》は何百年と姿を留め、信仰の対象として崇め愛しまれるのだ
《骨董と民藝は違う》
と云う、確かに違う。
民藝は解るが、骨董が解らない
民藝でないものが骨董なのか…
まだまだ学ぶ予知多大に有り。



最後に…

「《良い・悪い》と云う言い方をするが、何が本当なのか?
真贋を問う事に意味があるのか?」

トークショーの中で山下教授が話した気になるコメント
明らかなる贋作は別として、静岡の若冲などは最たるものではないだろうか…
[PR]
by suisyou_an1421 | 2010-06-23 07:49 | 日々のこと

美しい色

d0104499_16231875.jpg

d0104499_16231872.jpg

d0104499_1623185.jpg

千葉の美術館前
美しい色の紫陽花


段染めの糸はウルグアイ
《マチュピチュ》云う名
[PR]
by suisyou_an1421 | 2010-06-20 16:23 | 日々のこと