<   2010年 06月 ( 5 )   > この月の画像一覧

初めてのパイナップル編み

d0104499_22531654.jpg

d0104499_22531685.jpg

憧れのパイナップル編みにTryしてます


ホビーラ・ホビーレの編み図が見易くて
案外進んでます♪
バックが仕上がる予定です♪
[PR]
by suisyou_an1421 | 2010-06-30 22:53 | 日々のこと

《観じる民芸》@そごう美術館

d0104499_7495467.jpg

長年日本民芸館学芸員をしていらしたの尾久彰三さんのコレクション展示

加えて山下裕二教授とのトークショーに行って来ました。

展示の感想は次回として…
トークショーの感想。2時間強、笑いっぱなし〜
展示物を設えた畳の《尾久さんの部屋》に胡坐でのスタート

展示されていた唐津の甓をシャンパンクーラーにし、ガラスコップも展示物。そしてツマミは唐津の平茶碗にオリーヴ
どうやら唐津平茶碗は学芸員さんに"何か入れるものを…"と云ったらコレクションの中から選んだらしいが、"お皿じゃないんだけどね"と苦笑

しかしながら、その器を手回しでトークショーに参加していた人に見せ、
"良く観たかったらオリーヴ食べて…"との事
私もオリーヴ頂きながら、拝見しましたが学芸員さんがあの唐津を選んでのが解る気がしました。オリーヴと土の色合いが絶妙でした♪
そして、茶碗の価格に話題が移り《40万》との事。
しかしこの平茶碗、見込みが浅く茶をたてるのは難しい。



次に山下教授が展示の中で気になったもの平安時代の『神像』
これ又フットワークの軽い学芸員さんが展示物を持って来てくれる。

何とも穏やかなる『神像』である
木が枯れているのが堪らなく良い。
トーク中お二方で愛しそうにナデナデし、「シンゾウさん♪」と呼ぶ
めちゃくちゃ羨ましく思って居たらば、こちらも"御手回し"
「みんなで撫でて、手油でテカテカにしたら良いんだ」
との由。

このトークショーは6月5日でしたが、いまだに《神像》さんの感触が手に残ります。
木目が痩せて(枯れて)手に年輪の筋が刻まれる様な感じで…

おおよそ人間と云うものはくだらなく、生命を終えれば
只、汚く朽ち果てるしかない。
しかし《神像》は何百年と姿を留め、信仰の対象として崇め愛しまれるのだ
《骨董と民藝は違う》
と云う、確かに違う。
民藝は解るが、骨董が解らない
民藝でないものが骨董なのか…
まだまだ学ぶ予知多大に有り。



最後に…

「《良い・悪い》と云う言い方をするが、何が本当なのか?
真贋を問う事に意味があるのか?」

トークショーの中で山下教授が話した気になるコメント
明らかなる贋作は別として、静岡の若冲などは最たるものではないだろうか…
[PR]
by suisyou_an1421 | 2010-06-23 07:49 | 日々のこと

美しい色

d0104499_16231875.jpg

d0104499_16231872.jpg

d0104499_1623185.jpg

千葉の美術館前
美しい色の紫陽花


段染めの糸はウルグアイ
《マチュピチュ》云う名
[PR]
by suisyou_an1421 | 2010-06-20 16:23 | 日々のこと

長谷川リン次郎展@平塚市美術館

d0104499_8144423.jpg

d0104499_8144427.jpg

d0104499_8144492.jpg

平塚市美術館に初めて行った。


私の好きな岡本秋輝をお持ちだそうだが、
なかなか見れない。
今回は長谷川リン次郎展。
入口には子猫がムクッっとこちらを見てる
いきなりハートを鷲掴み…



長谷川氏の絵には不思議な魅力がある。
ツルッとした凹凸の無い感じがする画面なのだか、近づいて見ると筆は細かい。
中央から隅まで気持ちのブレがない。
画面の隅々まで彼の思いが均一に塗り込められているようだ


《早春》の二人の少女の背景に風にうごめく竹藪は今でもザザァッっと音をたてそうなリアルさだ

人物の描き入れられた風景画もあるが、何処か他人行儀
人物に重きを置いていない気がした。
何処か幻想的と思われる景色は、必ず実物を見乍でなくては描かない長谷川氏が捕らえた

その風景の長い時間を一つの画面に集約してある

という不思議さ故なのだろう。
瞬間を捕らえた竹の揺れではなく、朝夕の風に揺られ長い時間二人の少女を見守っていた竹の囁きなのだろう。



やがて長谷川氏は静物画 へ移行する。
…何だか《しっとり》とした湿気のような纏わり付く感じがした。
一見無機質を装う静物画だが、陶器やホウロウが描かれた画には必ず長谷川氏が写り込む。

もしかしたら、静物画を装った自画像なのだろうか…


絵画の合間に、長谷川氏の日記が転記されている。
林檎の絵を何度も描き、描き直し、止め、再び新しい林檎を買いに行く。

短い断片的な日記はまるで、詩のよう

彼の切ない程の真面目さが滲み出ている。

林檎の他に、アネモネの日記もあるのだか
読んでいる人がクスクスと笑う。


画面全体に余すことなく均一に捧げる情熱
実物が無くては描けなくて、絵が仕上がる前に猫が先に亡くなってしまう遅筆

それら全て、自分が失ってしまった素直さ、ひたむきさを愛しく思い微笑む。


絵の素晴らしさはもとより、長谷川氏を想う愛に溢れた展示であった。

久しぶりにトータル的に良い展示を見た気がした。
[PR]
by suisyou_an1421 | 2010-06-15 08:14 | 日々のこと

リバティバック第二弾

d0104499_839143.jpg

リバティの生地で再びバックを造りました


スワニーオリジナルの麻にペイズリーハートです。

ほとんどカーブばかりのミシンがけ、泣きそうな自分を奮い立たせ
解いたり、縫ったりを繰り返して完成しました!!


あぁ〜幸せ( ̄∀ ̄)
[PR]
by suisyou_an1421 | 2010-06-06 08:39 | 日々のこと